華やかさをプラス|女性らしくファッションを楽しむ~パーカーからママスーツまで~

こう選ぶ!ママスーツの上手な選び方とは~年齢によって変える~

華やかさをプラス

スーツ

買ってよかった!ママスーツの魅力

ママスーツとは、子どもを持つ女性が入学式や卒業式などに着用するスーツです。主にセレモニーで着ることを目的としたスーツですので、華やかな中にも落ち着いた印象を与えるデザインが豊富にそろっているのが魅力です。自分のスタイルや好みに合わせて選ぶことができます。ママスーツは、ジャケットとパンツやスカート、ワンピースなどがセットになっているものがたくさんあり、着回し力が高いのも魅力のひとつです。卒園式はスカートとジャケットで、入学式はワンピースとジャケットでといったように着まわせば、同じスーツで参列したと思われずに済みます。セットになっていない場合も、コサージュやアクセサリ―などで変化をつけることで、着まわすことが可能です。

色使いや小物使いにも気を配ろう

ママスーツを着る機会といえば、卒園式や卒業式、そして入学式です。TPOに合わせて色や小物で変化をつけると、ママの魅力がより一層引き立ちます。入学式は、明るく春らしい雰囲気の恰好が望ましいとされています。スーツが黒、グレーなど落ち着いた色であれば、コサージュをつけて華やかさをプラスしたり、中のブラウスを薄いピンクにして明るさを取り入れたりするといいでしょう。卒業式は落ち着いた色目が基本ですが、お祝いの席ですので黒一色は避けたいものです。パールのネックレスやコサージュで胸元を演出するといいでしょう。またスーツに合わせるバッグや靴を華やかにするのもいいですね。

年齢に合ったものを着用することを意識

ママスーツを着る女性は20代から40代ごろまでと幅広く、年齢に合わせた格好をすることが求められます。
20代のママなら、あまりかっちりした見た目のスーツよりは、かたぐるしくない、柔らかな雰囲気のあるものが似合うでしょう。色は落ち着いた中に明るさもあるグレーなどがおすすめです。逆に、40代ともなれば、品や大人の落ち着きが求められます。若い女性向けのデザインは浮いて見えますので避けましょう。

ママスーツを上手に選ぶためのワンポイントアドバイス

個性を抑えて、王道を行くべし!

ママがスーツを着る機会といえば、お子さんの入学式や卒業式ですよね。派手なものは浮きますし、他のママ達の視線もキツイ感じです。若いママに多いのが、ミニスカート。これも避けた方がいいですよ。個性も大事ですが、お子さんの為と思って我慢です。卒業式用なら黒を基調とした膝丈のもの。入学式なら明るい白やパステルカラーで華やかに。これがママスーツの基本だと思います。

広告募集中